U-key Officialブログ "VIBES 4 LIFE"

アーティスト"U-key"(ユーキ)の 
本音しか書けないblog...
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
8.15 -日本の夏-
皆様、どんなお盆をお過ごしですか?

アタシは8月15日に靖国神社に参拝に行きました。
1人で行きました。誰かとわいわい行く場所でもないし。
今年から8月15日は必ず、
日本を守ってくれた先人達に会いに行こうと思います。

靖国神社って...不思議ですね。
魂が落ち着いて、凛とした何かに守られている様な気持ちになる。
...まぁ、そりゃその筈。
命を手放してまでして未来の日本を守ろうとした先人達が今も尚、
私たちが何かを間違えないように、
私たちが彼らのように誇り高く生きれるよう、死ねるよう、
ずっと見守っているんだからな。

ただ一つ残念な事に気づいてしまった。
靖国神社に、同世代の若い人があまりにも少なすぎた。



その後は、友達と大田区の花火大会に行きました。


この一発一瞬のために


何の打算も抜きに ひたすら努力を重ね 耐え忍び


不可能だと言われようと 時には馬鹿にされようと 


そんなに高給でもないのにね


これだけの感動と勇気をみんなに与えてくれる


そんな花火職人の事を思うと


涙が止まらなかった


この花火を見せたいと思った人が アタシには2人居る。


父 と BLACC HOLE(A.I.P.) だ


この2人の生き様は、花火職人みたいだ


こんなに凄い奴らが側に居て、アタシはなんて幸せ者なんだ。

アタシは日の丸を背負うと決めた。

他国や誰かと戦うためじゃなく 懐古的な意味じゃなく
この時代に この国に アタシとして生まれた事を 
そんな運命を もっともっと 力の限り引き受け
ただただ 未来を作るためだ。

何をするにも、
日本人としてのプライドを持った"やり方"で。
| In MY MIND... | 07:39 | comments(6) | trackbacks(0) |
『労働』と『仕事』。
"誰だって仕事なんてしたくないよ "と言う人
"仕事が生き甲斐です"と言う人
この違いは何だろう。

きっと『労働』と『仕事』の違い。

『労働』とは
周りに迷惑をかけず
求められるまま対価に見合った働きをこなし
人や社会から感謝される行動

『仕事』とは
既存のモノを超えた新しいモノを求め
対価に対しての基準もなく
人や社会から感動される行動


部長クラスで労働をする人も
コンビニのアルバイトで仕事をする人も居る。

職種や役職や報酬の違いでは無く、意識の違い。


以前、水商売をしていた頃、とある企業の会長さんからご伝授いただいたお話。
| In MY MIND... | 12:57 | comments(5) | trackbacks(0) |
夢。
夜にみる、れいのアレの事じゃなくて
人は「将来の夢は何ですか?」とか
よく「夢があってイイネ。」とかゆー言葉を使います。 

アタシ、この場合の"夢"の定義がいまいちわからない。

アタシにとって"夢"は常に
夜にみる、れいのアレでしかない。

これは不幸な事? 幸福な事?

アタシの感覚で、ちょっと辛口に例えると
平和ボケのワガママgirlが
自分が到底持ち得ない物を欲しがり
知る努力を怠けて
何かから奪う事だけして
ひとりで想い描く未来への期待が「夢」。

一般的には「夢」って
キラキラ素敵な言葉なんでしょうけど
なんかアタシは肌に合わない。

キラキラ素敵なモノは常に
リアルな自分の現実・リアルな思考の脳内にしかない。


さーて、唯一の夢をみに、BedへGo....zzz
| In MY MIND... | 02:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
アレルギー。
アボガドとサーモンが大好物だったのに
去年の夏くらいから食べれなくなっちゃったアボガド。
アボガドアレルギー。
思う存分食べると、脂汗が出てきて床を這うくらいの胃痛になる。
一口なら全然平気だけど、調子にのって普通の量を食べると即OUT。

(obikaってゆーモッツァレラバーなのに、モッツァレラはfullシカトw)

だから
サーモンと野菜が食べたいから注文したけど
今日もアボガドだけは全部残さなきゃいけません。

猫も同じ。
物心ついた頃から猫が大好きで大好きで仕方なくって、毎日追っかけてた。
一緒にいると自分も猫になれるくらい対話できるのに、猫アレルギー。
花粉症の強烈バージョン+発熱+咳が止まらない。
ちょっと頭撫でるくらいなら大丈夫だけど、抱きしめると即OUT。


好きな物にかぎって、アレルギー。


あの彼も同じ。
アタシにはめずらしく"盲目"になるくらいの大恋愛だった。
一心同体になれそうな似た者同士でいろんな事が共感できるけど、
近づき過ぎると逆に同族嫌悪を感じる。
喧嘩が長引くと、終いには脳みそがフリーズしてぶっ倒れそうになる始末。
何百時間でも見つめていれるけど、口を開くと即OUT。

だからきっと一生、
彼はアタシの主食には成り得ない。


こんな皮肉な人生...故に、こんなシニカルLADYになってしまったwなんつってw

| In MY MIND... | 16:18 | comments(4) | trackbacks(0) |
「反社会派」という言葉。
反社会派は、未来の社会派。
...と思う。
戦争でも、革命でも、学問でも、芸術でも、
歴史を振り返るといつの時代もそうだったわね。

社会派はただ過去に多数決で決まった道徳に従い
大きな勢力が"正しい"と認めた既存の保身に満足する者達。

反社会派は未来の社会作りを真剣に考え、
気づいてしまった問題の改善を実行に移すから、
既存社会に対して"反社会派"にならざる得ないだけ。
叩かれる覚悟はできている。
戦いの先にしか現実的な明るい未来は無いとわかっているからする。

ちなみに
既存社会派は己の死(消滅)を恐れる。
反社会派は恐れない。
己の命よりも、未来の何かを作るため、守るために生きてるから。
そのためなら己の死なんて怖くない。

真の意味の「社会派」は
常に「反社会派」ではないでしょうか。


注:これはもちろん暴力団などに加担する意味ではございませんし
右とか左とかに当てはまる意味でもない事をご理解いただきたい。


公共の電波を使ってまでして演る必要の無いコンテンツが、今日も沢山垂れ流されてるねw
内容がいろんな意味でバランスが悪すぎる。公平じゃない。
セシウムから体を守りたいのならば、自分の思考も自分で守ろう。汚染されないように。
だからアタシはもぅ7年もTVを買う必要が無い。早く、TVが欲しいと思いたい。

| In MY MIND... | 06:44 | comments(7) | trackbacks(0) |
SとMの真実。
一般的に
S=(サディスト)虐げる方
M=(マゾヒスト)虐げられる方
平たく言うと、そう解釈されている。

でも、もう1段階掘り下げて考えると
MはSのために"征服感を与えている→Sでいさせてあげている"
SはMのおかげで"征服感を満たしている→Sでいさせてもらっている"
とゆー力関係も見えてくる。
持ちつ持たれつの関係ではあるが
極論で言うと、どっちが権力や支配力を持っているの?
...うん、Mだな。

自称Sにかぎって本質的に打たれ弱く寂しがり屋だったり
自称Mにかぎって本質的に支配欲が強く一匹狼ができるのも、納得。
「sexではMで、精神はSなんだけど...私は結局どっちなの?」ってゆー
ガールズトークをよく耳にするが、これも解決。
つーか、
MはMだけでも成立するが、SはSだけじゃ成立しないしネ。
しかも、
MはS役もやってあげられる能力を持つ人が多いけど
Sは一生S役にしかなれないしネ。...ふむふむ


............................と、ココまでがアタシの勝手なゆる〜い解釈。


そしてつい先日、更にそれを裏付ける知識をget
「恋愛(SEX)研究家」の知人から教わった興味深い話があった。
むかーしの西洋(だったかな?曖昧でごめんw)では本来
S=Slave(雇われ人)
M=Master(主人)  
とゆー解釈だったらしい。

なるほどーーいろんな意味でめっちゃ納得
あぁーーーすっきりしたーーー
だよねーーーやっと辻褄がぴったり合った

これをふまえた上で
性格の意味でもsexのポジショニングの意味でも
自分の本能をもう一度よく考えてみると...
今までの自分に対する固定概念が真逆に変わる人もいるはず。

ま、何にせよ
持ちつ持たれつな関係は変わりはありません

大きい事をする偉人達がみんなドMなのは
そんなワケなんだなー



アタシは...えーーっとぉ...???       そんなの内緒デス。w

| In MY MIND... | 21:23 | comments(4) | trackbacks(0) |
本棚という聖域。
いきなりですが
お目当ての男性の家に初めて行った時に一般女性がチェックするポイントは
以下の通りらしいです。(ソースはどっかのニュースサイト。)
【1】ベッドを見て、落ちている髪の毛の長さや色を確認する。
【2】洗面所を見て、他の女性の歯ブラシがないか確認する。
【3】ゴミ箱を見て、女性モノの化粧品のゴミの有無を確認する。
【4】食器類を見て、箸やマグカップなどの数や柄を確認する。


えーーーーーっ女の影しか見てないの??w
そんな部分をチェックして、その男の何を推測できるというの???w
他の女が居なきゃひとまず安心っというその単純な発想には頭が下がります。
なんて可愛らしい女性達なんでしょうかw

アタシが男性の自宅に招かれた時つい目が行ってしまうのは「本棚」です。
特に本(雑誌や漫画を含む)は、その人が欲している物生き方の要を垣間見れます。その集合体である本棚はやっぱりポイント。
雑誌や漫画がNGとか、哲学書や経済書がOKとかじゃないですよ勿論。
本の数が多くても少なくても、本にこだわりなんて無い人だったとしても、
本棚には人物像に繋がるヒントが沢山。
例えば...
1:本の種類、その種類の振り幅のバランス
2:それらの並べ方、優先順位の具合
3:それぞれの劣化の具合       などなど...

この様な"本棚から得たその人の中側"と"外側から観たその人の事実"
両方を押さえた上で相手の人物像を立体的に想像すると...
仕事の仕方、物事の優先順位、恋愛・浮気の仕方までが
早い段階で推測しやすくなる。
あくまでアタシの実体験の統計ですが...実際かなり当たってるんですw

さぁーーみんなヤツの本棚をチェックしてみよぉーー
(アタシ...ナニを斡旋してるんだっw)

....なんか殺人現場の刑事さんみたいな事言ってますねアタシ。
恐ろしい人だと誤解しないでくださいw
こんな事を公で書いてしまうなんて
"開けっぴろげで無邪気なイイ人”と捉えてくださいませっあはっw



ココから先はあくまでアタシの主観と好みによる話ですが
過去に見た「極端にNGな男の本棚(w)」です。

真剣に自己啓発本を読む事ができる、生き方にセンスの無い本棚w
「時間の使い方」とか、それ読んでる時間が無駄だっつーのw
「上司や部下とのつき合い方」とか、そんなの現場で失敗して体で覚えろw
「整理整頓術」とか、その本自体が無造作に転がってる確率高しw
「やればできる!!」とか、もぅ...腹がよじれるw背中を押して欲しいだけの
 平和ボケ男はこんな時代に何しても無理だからwママに相談して来なさいw
ーーーとにかくもぅ全てがナンセンスw
真面目でイイ奴だろうけど、決して2人3脚は出来まい。オツカレ。

美術書/デザイン書/洋書/実際より背伸びしたファッション誌ばかりが目立つ本棚w(本当にインテリアにしている場合や、本質的アート思考の方は除く。)
こーゆー男は物事を表面でしか捉えられない凡人で感性ゼロw
憧れ意識が全ての原動力となって生きてる生涯思春期男。でも見栄っ張り。
アートは外から作られるモノじゃなく、内から創られる現実的なモノだと解ってない。
甘い美辞麗句と夢見がちな将来設計を語り、洒落たプレゼントや体裁で女を釣るが、見抜ける女には逆に転がされてる事に全く気づけない幸せ者。
この種の人にありがちなのは、英語読めなくても何故が洋書が2冊以上あるw
目立つ所にねw本当に英語の勉強してるならまず辞書やテキストもあるはず。あったとしても、その汗の部分は隠そうと徹底するのがこの種の男のしょぼいプライド。
ーーーこんなナルシスト男の意味の無い努力はいつ報われるのか。
添い寝は勘弁だが、3つ星レストランで食事なら付き合いますヨ。オツカレ。


うわぁーーアタシすごい辛口っw
あまり書くと友人宅に呼ばれなくなりそうだけど誤解しないで
友達ならそこまで求めないから、そもそも本棚なんて気にならないし。
自分のKING(彼)だったらNGなだけ。
"男を上から見下げた気位の高い女!!!"とかアンチされそうですが
本心なので仕方あるまい

とにかく
部屋を見て性格がわかる〜みたいなもので、本棚=脳。

アタシにとって本棚は聖域。

例えばランジェリーBOXを見せるよりも、はるかにハードルの高いこと。




この先アタシが恋する男性に、この記事を見られない事をひたすら願いますw
U-key -official website-U-key.jp (←CLICK)
| In MY MIND... | 20:38 | comments(12) | trackbacks(0) |
摩擦力。
私とぶつかった事で 私を拒絶した事で

例えばある人は

私と逆の方向へダッシュする羽目になるかもしれない




どっちが正しくても どっちが間違ってても 何でもイイ 

未来のために そこに生まれる生産的エネルギー

なんてステキな摩擦力。





こーゆー者同士は再び何処かで出会うとイイ友達になる。
心無い会釈ですれ違って何も生まれないよりは数段マシ。


カラフルパンプスはGUAMでゲトったNINEWEST達。
| In MY MIND... | 14:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
傍観者。
中学生の頃
何故か1年間だけ(w)軽いイジメ(みたいな?w)に遭った経験がある。
今になって想うととても貴重な体験。

あの時一番思った事は
イジメに遭っている自分や
イジメている餓鬼はまだマシ
ただ
それ以外の奴らは一体なんなんだろう

極力関わらないように
空気になって何もせず
無表情で
たまには作り笑顔を浮かべて
でもちゃんとこっちを見て
何かをしっかり把握している

傍観者。

大人の世界になると
これも協調性の一種

アタシ的には
これが一番気味が悪い

傍観者は
何が楽しいんだろうね
何が怖いんだろうね

死に際はとても空しいんだろうね


ちっぽけな保身の技を「協調性」に見せかける人って...自分自身も騙せるのかな。

| In MY MIND... | 09:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
実は『カイジ』ファンです。(注:ネタバレ)
カイジの最終回見た???

ラストみんなと会えた時はマジ泣きしたっ

こーゆーアニメこそ現代に必要だっ!!! ...とか思ったw


あんだけ臭い釜の飯を一緒に分け合った仲間は

そりゃ助けるよなぁ

他人から"甘い"とか言われても全然結構だプンプン

だって

自分の命に匹敵するくらいの仲間がいるんだから

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーーっ

アタシもめっちゃ元気になってきたーーーーーーーーーーーーーっ

未来は僕らの手の中ぁーーーーーーーーーっYESっ





.....よし

じゃあプリン食べよーー(マテw 



今年のTVアニメだと魔法少女まどか★マギカも良かったなー。
| In MY MIND... | 15:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
PROFILE
↓official website↓

www.U-key.jp

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
このページの先頭へ